スピードラーニング韓国語

第3巻「旅行会話」

第3巻「旅行会話」のご紹介です。

 ・入国手続きと空港リムジンバス
 ・ホテルでのチェックインとモーニングコール
 ・ソウル市内で地下鉄に乗る
 ・伝統茶屋と骨董品の店
 ・夕食に焼肉定食を食べる
 ・財布をなくして警察署に行く
 ・列車のチケットを購入する
 ・高速フェリーで帰国
 

第3巻は「旅行会話」です。
韓国旅行される方にはとても参考になるので、ぜひ聞いてほしい巻になります。
実際に役立つこと満載です。

普通の会話ではなくかしこまった会話で始まるのでちょっと難しく聞こえます。
(ヘヨ体ではなくハムニダ体)

また、数字が多く出てくるので、一度数字の勉強は別にしておいたほうがいいと思います。
韓国には日本でいう「ひとつ・ふたつ・みっつ」と「いち・に・さん」と同じ2種類の数え方があり、用途によって使い分けています。

「30分」は日本語のままでも通じそうですね。

地下鉄で、お店で、列車やフェリーのチケット窓口で、それぞれの会話が楽しめます。
トイレの聞き方も大事ですよね。

気になったのはコーヒーと鼻血の発音の違い
どちらも日本語表記では「コピ」となってしまいますが、これちゃんと発音しないとそうとう恥ずかしそうです(^_^;)。
聞いても・・・うーんイマイチ鮮明には聞き分けられない。
でも、ハングルで書くとよくわかります。
커피と코피です。発音の仕方はハングル(文字)の発音を調べればわかると思います。  

もうひとつは、高速フェリー。
釜山から福岡まで6000円くらいとは驚きです。
所要時間も3時間ほど。速いですね。



●お申し込みはこちらから●