スピードラーニング韓国語

聞き流し体験1ヶ月後

ありがたいことに「スピードラーニング韓国語」のモニターをさせていただくことに。 スピードラーニング韓国語を聞いてみて、自分の変化やいいところ、気になったところを書いて下さいとのことです。

まずは初回セットの内容をご確認くださいね。

最初の1ヶ月は第1巻と第2巻です。 スピードラーニング韓国語には各巻に韓国語と日本語の会話をそのまま載せた「テキスト」があるのですが、開けてみてもちんぷんかんぷんです(^_^;)。

ただ、韓国語と日本語が見開きでわかりやすく並んでいるので、カタカナ読みで聞き取りにくい言葉を確認することができます。

ここで、どうしてもハングルを読めるようになりたい!という欲求が出てきました。 ハングル(文字)についてはスピードラーニング韓国語では勉強できないので別に勉強する必要がでてきます。

私が使ったのはこちら

すでに中古本しかないようなので、新刊のこちらをおすすめします。


さて、この1ヶ月間ですが、 何時間も「スピードラーニング韓国語」を流している日もあれば、聞けなかった日もあったりと、 サンプルCDを聞いている時よりも力は抜けてきておりました。

また、パソコン作業をしながら流しているので、ほかの事を考えながらになるため、ストーリーもあいまいにしか理解していなかったりします。
こんなのでいいのかなあ?

でも、じっくり聞き入るよりも聞き流したほうがいいらしいのでこのまま続けていこうと思います。

では変化のほうですが、出てくる「簡単なあいさつや言葉」は聞き取れるようになりました。
「いらっしゃいませ(オソオセヨ/어서 오세요)」「それでは(クロム/그럼)」などなど。

それと、韓国の人と話している夢を見る体験もしました!
韓国語耳に少し入ってきたのかな?
韓流ドラマも毎日のように見ているのでその相乗効果もあるかもしれませんね。


また、韓国語オンリーのCDも聞いてみましたが、全然聞き取れないし、ストーリーが頭にちゃんと入っている状態でもないのでまだ私には早いみたいです(汗)。



●お申し込みはこちらから●