韓国語能力試験(S-TOPIK)初級

一般韓国語能力試験(S-TOPIK)  韓国語能力試験概要韓国語の有名な検定試験のもうひとつは、

韓国語能力試験(S-TOPIK)です。

韓国語能力試験は、大韓民国政府が認定・実施する唯一の韓国語試験で、留学や就職での測定・評価にも学校・企業側が参考にするらしいです。

その分、「ハングル」能力検定試験よりも難易度は高いです。

 

スポンサードリンク

 

正式名称は「一般韓国語能力試験(Standard TOPIK)」。
2011年度から実務韓国語能力試験(B-TOPIK)は廃止され、
韓国語能力試験といえば、S-TOPIKとなりました。

韓国語を母語としない韓国語学習者を対象にし、
世界31カ国で一斉に実施されています。

初級1級での認定基準は単語数800語と表示されており、
初級から「作文」が入ってくるので、
「ハングル」能力検定試験より1,2ランク上と考えたほうがいいと思います。

検定試験の内容について

日本国内では年に2回実施。

初級・中級・高級の3段階の受験レベルがあり、
合格はそれぞれの級ごとに取得点数によって二つ(1級と2級など)に分けられます。
※初級(1・2級)、中級(3・4級)、高級(5・6級)

設問は韓国語
また、大韓民国政府が認定・実施しているので
解答形式は「韓国語」です。
北朝鮮特有の表記で解答すると正解になりません。

  • (語彙・文法/書き取り):90分 200点
  • (聞き取り/読解):90分 200点  

     の計180分 400点満点

受験申し込み方法

オンラインフォームで願書提出可。
コンビニ端末機で受付・受験料支払可。
クレジットカードも利用できます。

受験料
個人受験 :単願 4,400 円 ・併願 6,400 円
団体受験 :1 名 1 級につき 3,000 円
     ( 10 名以上の受験、併願者は 2 名計算)

※初級+中級、中級+高級の併願が可能です。

返金制度
受験キャンセルでの返金制度があります。

  • 受付期間中 : 全額返金
  • 受付終了後1週間以内 : 50%返金
  • 受付終了1週間後~試験日1週間前まで:40%返金
  • 試験日6日前以降:返金不可

 

大韓民国教育科学技術部認定 韓国語能力試験
主催 : 大韓民国教育科学技術部・国立国際教育院(NIIED)
主管 : 駐日本国大韓民国大使館, 財団法人韓国教育財団

韓国語能力試験(S-TOPIK)
http://www.kref.or.jp/korea_kentei/index.html

過去問も無料配布されています。「TOPIK資料室」
http://kajiritate-no-hangul.com/KENTEI/TOPIK_data.html

主管の財団法人韓国教育財団おすすめの書籍です。

 

 


※ランキングに参加しています⇒ にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ 

 

 

コリアンタウン大黒やのニラキムチ

 

LINEスタンプ2つ目出来ました。
白猫ちゃんのひらがな韓国語スタンプで韓流やK-POP話に可愛いエッセンスをプラス。 よかったら使ってみて下さいね♡
白ねこちゃんのひらがな韓国語

 

私の実体験やスピードラーニングのシステムについて詳しく説明しています。
スピードラーニング韓国語なび!

 

サイト内検索

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。